太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリット

 

太陽光発電のデメリット

 

太陽光発電は、原発の代替エネルギーとして注目されていますが、電力関係者は原子力の不足分を、
再生可能エネルギーでまかなうのは無理といっています。ベストミックスするべきであると。
では太陽光発電のどういった点がデメリットとして上げられるのでしょうか?

発電効率が低く広大な土地が必要

 

太陽光発電は他の発電設備に比べると、発電効率が低いため、100万Kwの原発1基分を太陽光パネルに置き換えるには、42〜56平方kmという広大な土地面積が必用になります。(山手線内は約58平方km)

 

しかしこれは大きな話で、日本の家庭の平均的な年間消費電力量は4,200kWhと言われています。
この電力をまかなうには、標準的な4.0KWの太陽光発電システムを設置すればいいことになりますので、
家庭の電気を太陽光でまかなうことは十分可能です。

日射がある昼間しか発電しない

 

発電出力は日射がある昼間しか発電できず、季節、時刻、天候に左右されます。夜間は当然発電出来ません。そのような発電量が一定しない電力源では、発電するしないを管理することが非常に難しいです。天候頼みで不安定な電気を蓄え、安定電源に転換する。今後の充電技術の進歩が待たれます。

 

 

太陽光発電の発電パターン

出典:太陽光発電協会


システムが割高

 

設置費用はどれぐらいかかる?のページと、どれぐらいで元が取れる?のページで解説しましたが、
H23時点で1kw当たり50万円〜60万円の導入コストと、それを回収するのに約10〜15年かかるという点です。
3kwのシステムでも150万〜180万と車が買える程の値段がします。このシステムを一括で現金で払える人は少ないでしょうから、提携ローンを利用するとなると、回収年数はさらに伸びる方向にあるでしょう。技術進歩と市場の広がりで、太陽光発電システムの値段は徐々にですが年々下がっています。しかしまだ他の発電設備に比べると発電単価は割高です。

 

●発電コストに関してもっと詳しい説明はココ→太陽光発電の発電コスト

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問