太陽光発電の国内シェア1位はどこ?/太陽光発電の普及率はどの程度?

太陽光発電の国内シェア1位はどこ?/太陽光発電の普及率はどの程度?

太陽光発電の国内シェア

 

太陽光発電(太陽電池) 国内シェア 2010年

 

1位 シャープ 34%
2位 京セラ  30%
3位 パナソニック 19%
4位 三菱電気  10%
5位 ソーラーフロンティア 3%

 

 

太陽光発電(太陽電池) 国内シェア 2011年

 

1位 シャープ
2位 パナソニック 25%
3位 京セラ

 

 

2011年は、シャープ、京セラの2大メーカーにパナソニックが分け入ってきました。
国内市場においては、シャープが今も昔もナンバーワンですが、今元気があるのはパナソニックです。
パナソニックは、太陽電池の新工場をマレーシアに建設中で2012年末には稼働する予定です。セルから
パネルの組立てを海外の工場で一貫生産し、これにより国内シェア1位(シェア35%)を目指すということです。

 

 

2012年は、シャープと京セラ、パナソニックの3強の争いに、後発組の東芝とバランスの良い三菱が
追いかける状況で、2012年のシェアをエコ丸が独断と偏見で勝手に予想してみました。

 

 

エコ丸の2012年国内シェア勝手に予想

 

1位 パナソニック
2位 シャープ
3位 京セラ
4位 東芝
5位 三菱電機

 

パナソニックが奪首して、シャープが首位陥落するとエコ丸は予想します。
実際にエコ丸もパナソニックの太陽光発電を導入したので、少しひいき目に見ています。京セラは産業用に
強く3位をキープ。4位には太陽光発電では、後発組の東芝がランクインしそうな予感がします。東芝は、
太陽電池モジュールの発電効率と発電量が優れています。5位は三菱電気で価格と発電量のバランスが
良く、実際売れているそうです。パワコンの変換効率が飛びぬけて高いのも特徴です。

 

 

太陽光発電の普及率

 

都道府県別住宅用太陽光発電システム普及率(2011年)

出典 経済産業省中国経済産業局

 

 

太陽光発電の普及率の計算式は以下のようになります。

 

普及率 = 太陽光発電システム導入件数/一戸建て件数

 

 

太陽光発電の普及率は全国平均で3.6%(2011年)となっています。2010年の2.7%にくらべ0.9%増加しました。
地域別に見てみると東北や北陸地方では、普及率は低く2%前後、関東地方では3%程度、西日本や太平
洋側の地域では5%前後の普及率になっています。このデータより、まだまだ太陽光を載せることが出来る屋根
がたくさんあることが分かります。新築における太陽光発電の導入率は、約18%と6軒に1軒の割合で導入しているようです。

 

 

 ↓ エコ丸 超オススメのコンテンツ ↓ 

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問