太陽光発電 価格だけで選ばない!エコ丸が語る施工業者選びのコツ

東電の電気料金の値上げは、太陽光発電の設置者にとってメリットはあるか?エコ丸レポート

東電の電気料金の値上げは、太陽光発電の設置者にとってメリットはあるか?

 

●どれぐらいの値上げになるのか?

 

東電の電気料金の値上げ幅は8%から9%台と予想されているので、
標準的な電気代の家庭(7000円/月)だと、500〜600円程度の値上げになります。

 

 

●東電の値上げをする理由は? (東電HPより)

 

原子力発電の停止にともない、火力発電の燃料費等が大きく増加しています。徹底した
コスト削減を行っていますが、現行の電気料金収入では、電気の安定供給に必要な費用
を賄いきれない状況です。そのため、やむを得ず料金値上げをお願いしています。

 

 

●今回の値陰の対象は?

 

家庭用の電気料金が対象です。
企業向け電気料金値上げはすでに実施されており、13.4%〜18.1%の値上げ幅となっています。
理由は同じく、燃料費の増加に伴うものです。

 

 

電気料金の制度は複雑ですが、分かりやすく言うと、
電気は使えば使うほど高くなるということです。

 

電気をたくさん使う人→値上げ幅が大きい

電気をあまり使わない人→値上げ幅が小さい

 

ということになります。

 

 

では、本題の太陽光発電の設置者はどうなるでしょうか?

 

電気料金は時間帯指定で変化していきますので、特に日中の電気代が上がる場合、
太陽光発電で日中の高い電気代をまかなえるということは、
設置者にとって非常に大きなメリットになります。

 

太陽光発電設置者→値上げによる影響を最小限にとどめることが出来る。

太陽光を設置していない人→もろに負担が大きくなる。

 

となります。

 

さらに、

 

太陽光発電を設置した場合の投資回収の計算式を見てください。

 

 

式の中の24円のところが上がります。そうなると分母が大きくなり、投資回収年は小さくなります。
電気代が上がるということは、投資回収年が早くなることが分かります。
現在でも8年から5年で回収できると言われている太陽光発電ですが、
電気料金が上がることにより、さらに早く設置費用を回収することができます。
エコ丸は、1年ぐらい回収年が早くなるのではないかと思います。

 

 

まとめ

 

 

@電気料金の値上げは、太陽光発電を設置している・していないに関わらず電気代は上がる。
A太陽光発電設置者は値上げによる影響を最小限にとどめることが出来る。
B太陽光を設置していない人はもろに負担が大きくなる。
C ABより、太陽光を設置している場合と、していない場合では、より大きな差がでる。
D電気料金が上がると、太陽光発電の設置費用の回収期間が早まる。

 

 

 

産業用太陽光発電の見積りも可能です

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問