太陽光発電の連携工事/逆潮流や電力抑制、自立運転って何?

太陽光発電の連携工事/逆潮流や電力抑制、自立運転って何?

太陽光発電の連携工事/逆潮流や電力抑制、自立運転って何?

 

太陽光パネルの設置工事が終わったら電力会社との連携工事が必要になります。
余剰電力を売るためには、電力会社と系統連係と呼ばれる契約を結ぶ必要があるためです。

 

連携とは、太陽光発電で発電した直流電力をパワーコンディショナーで交流に変換して
家庭で使用する商用電源と接続することです。また系統とは、電力会社の配電線網のことをいいますので、
系統連携とは、太陽光発電設備を電力会社の電力系統(配電線)に電気的に接続することをいいます。

 

家庭での電力消費が太陽光で発電するよりも多ければ、不足分を電力会社の商用電源から買います。
逆に家庭での電力消費が、太陽光で発電するよりも少なければ、余剰分として電力会社へ売ります。
これらの一連の運転を連携運転と言います。

 

 

パネルの設置工事完了後、約2週間後に電力会社より連絡がありました。
電力会社の下請けの引き込み工事専門の会社が工事にやってきました。
そのタイミングに合わせて、今回太陽光発電を設置してくれた施工業者にも
来てもらいまして、連携の調整を行いました。

 


引き込み工事会社の軽ワゴン

 


連携工事

 

まず、電力量計を30Aから120Aへ変更です。
売電計
上が売電用の電力量計です。

 


接続箱内のブレーカー端子にて太陽光パネルが正しく発電しているか計測する

 

パワーコンディショナーの出力調整

 

パワーコンディショナーの出力電圧は通常107Vに設定します。
なぜなら、商用電源の呼称は100Vですが、実際には101±6(95〜107)の範囲にあるので、
電気が電圧の高い方から、低い方へ流れる性質を利用して余剰電力を売るために、
パワーコンディショナーの出力電圧は107Vに設定します。
余剰分を電力会社へ売る時には、電気は逆に(電力会社線側へ)流れるので逆潮流といいます。

 

毎朝、日が昇り太陽光で発電し始め、電圧がパワコンの入力電圧(70V)以上になると、
300秒のウォーミングアップ後に正常に運転開始します。

 


出力電圧の調整はパワコン内のボリュームを調整します。

 

電力抑制とは?

 

電圧抑制とは、商用電源の電圧値が、パワコンの出力電圧よりも高い場合に
太陽光発電システムは、その電圧を自動で検出し太陽光パネルでの発電量に
関わらず出力を絞って抑制します。このときにパワコンの電圧抑制ランプが
点灯します。商用電源の電圧値が正常に戻って、パワコンの出力電圧よりも低く
なれば発電電力の抑制動作をやめて通常運転に戻ります。
地方の鉄塔の近くだと、電圧が110Vとかあるそうで、電力抑制がよくかかるそうです。
パワコンの電圧抑制ランプがよく点灯する場合は、施工会社に連絡してパワコンの
出力電圧を調整してもらう必要があります。

 


1.9KW発電中!

 

自立運転とは?

 

自立運転とは、停電(いわゆる商用電源がパワコンに流れなくなった状態)でも
太陽光パネルで発電していれば、パワーコンディショナーを運転することが可能です。

 

太陽光発電用の連系ブレーカーをOFFにして(停電と同じ状況)、パワコン前面のボ
タンを押すと自立運転に切り替えることが出来ます。このあたりはメーカーによって若干
違うかも知れません。いざ災害や停電になった場合に利用方法が分からなかったという
ケースがあるみたいなので、訓練しておくと良いでしょう。

 

自立運転時のパワーコンディショナーの出力は、自立運転コンセントに出力され、
1500Wの電気機器まで繋げて使用することが出来ます。

 

注意する点は、停電して自立運転になった時は、家庭用の分電盤には電力が送られず、
自立運転コンセントにのみ出力されるというところです。

 

停電が長期間に及ぶ場合は、電気製品を通常のコンセントから、自立運転コンセントに
つなぎ換える必用があります。

 


自立運転コンセントはパワーコンディショナーの側面にありました。

 

 

 


売電計の円盤が凄い勢いで回転しています。一方買電計の円盤は止まっています。

 

電力受給契約書が電力会社から届いたら施工会社に連絡します。補助金申請に添付
するそうです。これですべてが完了になります。その際に、住民票と印鑑証明も必要になります。

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問