非住宅用(産業用)太陽光発電を設置するときに注意するポイント

非住宅用(産業用)太陽光発電を設置するときに注意するポイント

非住宅用(産業用)太陽光発電を設置するときに注意するポイント

 

非住宅用(産業用)太陽光発電を設置するときに注意するポイントとして
太陽光モジュールの設置角度と敷地の整備について考えて見たいと思います。

 

太陽光モジュールの設置角度

 

太陽光モジュールが最も発電量が多くなる角度は
真南向きで、傾斜角度は20〜30度といわれています。

 

一方、太陽光モジュールの架台や基礎の構造を考えた場合は、
傾斜角度を低く抑えて風圧荷重を抑えた方が合理化に繋がります。

 

また、太陽光モジュールの設置角度を高くすると、影が出来て
限りある敷地内により多くのモジュールを設置することが
出来なくなります。

 

これらをふまえて、東京電力の技術研究所が実験をしたところ
最も合理的かつ経済的なモジュールの角度は、10度になるということが
報告されています。

 

パネルの傾斜角度が30度→10度になった場合の発電量の差は、年間5〜6%減る
と言われていますが、これらをふまえての結果なので、非常に興味深いところです。

 

敷地の整備について

 

敷地に太陽光モジュールを設置する場合、敷地の雑草対策や表面の土が飛んで
太陽光モジュールが汚れることを考えなければなりません。地盤改良することにより、
除草費のコストダウンやモジュールの汚れ対策になります。

 

また、パネルにかかる風圧荷重を低く抑えるための対策として、防風施設を設置する
場合もあります。

 

太陽光発電のコスト計算はコチラ⇒太陽光発電の発電コスト

 

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問