DMMソーラー8万円

DMMソーラー8万円

DMMソーラー8万円で太陽光発電設置!口コミや評判、グリッドとは?

 

DMM.comが初期費用8万円で太陽光発電システムが導入可能なサービス
DMMソーラー」を提供開始したことが、各方面で話題になっています。

 

 

とりあえず知らない人にDMM.comの紹介

 

エコ丸はDMMでDVDを借りたり、FXもやるので良く知っていますが、TVのCMもやってました。
ネットレンタルビデオから始まり、現在はデジタルコンテンツ配信やFXも手がけ多角化経営を行っています。
設立は平成11年11月で、資本金は3000万円。本社は東京都渋谷区恵比寿に構えます。

 

 

DMMソーラー
全国賃貸住宅新聞の広告より〜申し込み殺到?本当?

 

家電Watchニュースより
8万円で太陽光発電が導入できる「DMMソーラー」、2月15日の募集開始から1カ月半で2,500件を突破
本当?

 

エコ丸も非常に気になるので、さっそく調査してみました。
結構否定的な書き込みも多いですが、まずは中立な立場で、とりあえず箇条書きで書き出して見ました。

 

 

●シェア分と補助金を活用してソーラーパネルを実質8万円で設置できる。
●当初10年間は発電した電気を8:2の比率で分け合う。(8はDMMで、2は設置者)
所有権は設置した時点で自分の物になる。10年後ではない。
●11年目以降は、太陽光発電された電力は100%設置者の取り分となる。
●DMMは8年間の売電収入と補助金で元が取れると思って参入した。(8年で回収)
●シェア分が当初7:3から8:2に変更され、2割のシェア分を超過して電気を使用した場合は、
通常の電気料金で超過した分の電気代をDMMに支払う。
(電気をたくさん使用した場合、設置者が損をする問題点が修正されたと見て良い)
●乗せる容量にもよるが、シェア分の2割で確実に電気料金が安くなる。標準的な4KWの場合、
年間1.9万円程度電気代が安くなり、10年あれば初期費用8万円は十分元が取れる。
●蓄電池は設置してはだめ。
(余剰電力は全て電力会社に売却して、売却益を得て早く回収したい。蓄電して、それを使用する
なんてとんでもないといったところか。)
●一見メリットばかりで、デメリットがなさそう。
●とくに大きな自己負担がないことが大きなメリット。
●補助金相当額と8万円を払う必要がある。補助金相当額は後から戻る。

(厳密に言うと、JPECや地方自治体から設置者の口座に補助金が入金される)
●パネルの枚数は自由で、4キロでも6キロでも支払は8万円。
●10年間は壊れてもパワコン含めて修理してくれる。
●インターネットへの接続環境が必須。
●空き家への設置は、上記のネット回線固定費が結構かかるのでうまみがない。
●電気をあまり使わない家はDMMには得に働き、電気をたくさん使う家はDMMに不利に働く。
●取り付け工事費は条件によって違うので、現地調査してみないとそもそも設置可能か分からない。
(取り付け工事費が大きくかかりそうな場合や、日照条件、屋根の向き広さなどの条件が悪い、
発電した電力の自己消費が多い家庭など、DMMとして8年間の売電収入で元が取れるないと
判断した場合は設置不可と思われる)
●パネルがグリッド社、施工担当が横浜環境デザイン社
●パネルは多結晶で海外メーカー品かもしれない。→海外製です。
SO-KPC5-182G(一般住宅用サイズ)182Wが17.5kgになる。
京セラ多結晶 KJ183P-3CRCA183Wが16.5kgだから、すこし重たい程度で許容範囲内。
→というか、冷静になってよくカタログを見てみると、日本のメーカーのものより、太陽電池
パネルの縁の部分のアルミがものすごく頑丈に出来ていて重くなっていると思われます。

強度は日本製より上でしょう。グリッドあなどれない。
●パワコンはオムロン製

 

 

DMMソーラーパネルの契約条件

 

1.発電量(日照量・屋根の形状)が弊社の規定に達すること
2.10年間の契約を行っていただけること
3.築30年未満の家・建物の所有者であること(または同意を受けていること)
4.インターネットを使える環境が整っていること
5.補助金制度のご利用にご同意いただけること
6.設置費用8万円と補助金相当額をご用意していただけること
※青森県、秋田県、山形県、離島はご利用いただけません

 

 

現地調査の必要条件です

 

1.屋外屋内(必要により屋根裏)へ立ち入りして調査を行う。
2.直近12ヵ月分の電気料金明細書(検針票)を用意してもらう。
3.建物図面(立面図、平面図、屋根伏図、矩計図)を用意してもらう。
4.インターネットを使える環境を整備する。

 

 

DMMソーラーパネル シミュレーションお申し込みはコチラから
↓↓↓

 

 

 

 

代表的な悪い口コミ

 

●おいしい話には裏があるのでは?
→結構問題出しがなされていて、デメリットがあまりない。万が一損をしても最初の8万円に限定されるようだ。
8万円は平均3年半で元がとれる計算になる。もっとも10年間は太陽光発電の恩恵をあまり受けられないので、
DMMに太陽光発電システムと屋根の上を貸してあげているぐらいに思ったほうが良い。

 

●自分で設置すれば、もっとお得なのに、その得する分の大半をDMMに持ってかれる。
→シュミレーションを無料でやってくれる。シュミレーションの結果、断わられた場合は、
自分で設置しても回収年数がかかるという事。逆に設置OKとなったら、早く回収できる
条件なので自分で設置すれば良い事。しかし、条件も良く設置したいが2重ローンがいやな人、
ローン自体が組めない人、自己資金がない人がたくさん居るのも事実。こういう人にはいいと思う。

 

●DMMによる補助金の搾取ではないのか?
ユーザー側から見ると
補助金に関しては、補助金相当額を最初に払う必要があるが、後から返ってくるので、負担は8万円のみ。
では、なぜこのような回りくどいことをやるのか?→手続き上の問題らしいです。
DMM側から見ると
搾取は言い過ぎだが、たしかに国や地方自治体の補助金(相当額)はDMMがもらうことになる。
こんな感じです。

 

●パネルの信頼性が分からない。
→10年間は壊れてもパワコン含めて修理してくれる。

 

●パネルは多結晶で海外メーカー品。
→東芝やリクシル、ヤマダ電機も海外のパネルを採用。半導体製造は多大な設備投資が必要なことから、
海外メーカーからパネル調達することは普通に行われている。上にも書きましたが、パネルの強度は日本
メーカーの物より上です。グリッドのパネルのは枠とセルの距離が広めに取ってあるので、パネルの隅に
ゴミがたまっても発電効率が落ちにくい設計になっています。意外とあなどれません。

 

 

どんな人が向いているか

 

●設置条件がクリアーできる人
絶対条件ではないが、以下の条件に当てはまる項目が多い人は、設置できる可能性が高いと思われる。
家が比較的新い。南向きの切妻屋根がある。日照条件がいい。あまり電気を使わない。
設置工事費が余りかからない。要するに、DMM側から見て利益が出やすい条件であるということ。
シュミレーションを申し込み→合格率は約3割の狭き門らしい。売電の買取り単価が42円で継続される
見通しなのでもう少し良くなると思います。
環境意識が高く、太陽光発電を設置したいが自己資金がない人
自宅ローン返済中で二重ローンをしたくない人
ローン自体が組めない人
●電気料金値上げへの自己防衛の手段をとりたい人
●海外製のパネルでもいいと割り切れる人
●10年我慢が出来る人
●原発反対!の人

 

 

まとめ

 

エコ丸は最初DMMのビジネスモデルに少しうがった目で見ていましたが、いろいろ調べていくうちになかなか
いいかもと思えるようになりました。理由は、太陽光発電のデメリットである初期投資の高さのことなのです。
環境意識が高く、太陽光発電に興味があっても、まとまったお金がなかったり、自宅ローン返済中で二重
ローンをしたくない人は結構いると思います。良いのは分かっていても「無い袖は振れない」のです。
エコ丸も住宅ローンを抱えていますので、その心境は痛いほど良く分かります。
今回登場したDMMの太陽光は、そういった方々に対して本当に朗報だと思ったからです。

 

10年間は太陽光発電の恩恵をあまり受けられないにせよ、高額なローンを何年も組まなくても良いので、
自分でローンを組んで設置するより、逆にリスクが少ないかもしれません。
DMMの場合あまりデメリットがないことが、メリットになっているようです。
初期投資の8万円は4年程度で元が引き、10年後からは太陽光発電のメリットを100%享受できるのです。

 

DMMのビジネスモデルは、既存の太陽光発電販売業者や量販店の脅威に映っていることでしょう。
掲示板などのネガティブな書き込みは、これらに関係する方々のカキコかも知れません。

 

原発の再稼動が出来ない現在の状況で、太陽光発電は、原発の代替エネルギーとして注目されていま
すが、原子力の3割の穴を埋めていくにはかなり時間がかかると言われています。一刻も早く太陽光を広める
必用がある現在の状況に対して、太陽光発電の敷居を低くしたDMMに心から拍手を送りたいと思います。
シュミレーションは無料なので、興味のある人は、とりあえずやってみても損はないでしょう。

 

DMMソーラーパネル シミュレーションお申し込みはコチラから
↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問