太陽光発電の発電コスト

太陽光発電の発電コスト

太陽光発電の発電コスト

 

太陽光発電のデメリットとして、システムが割り高で
「他の主要な発電方式と比べて発電コストが高い」という項目が上げられます。
この発電コストの問題は太陽光発電の普及に避けて通れない課題となっています。

 

発電コストとは、非常に多くの項目が関係しますが、すべてのコスト項目を組み入れて
一定期間動かすとKWhあたりどれだけの値段で発電できるか算出した物です。

 

太陽光発電を例にして、ざっくりと計算してみます。

 

1KWあたり50万円の太陽光発電システムを4KW設置して20年運転するとします。
20年の間に維持費や金利・税金などの諸経費を20%見るとします。

 

太陽光発電は燃料代はかからないので、その間にかかった費用は
50万円×4×1.2=240万円 になります。

 

一方発電量は、1KWあたり年間約1,000KWh発電するとすれば、
20年では、1,000KWh×4×20年=80,000KWh の電気を発電します。

 

かかった費用を発電量で割ると240万円/80,000KWh=30円/KWhとなり
太陽光発電の発電コストは、現状で30円/KWh程度となる事が分かります。
(もっといろいろ加味する項目はあると思いますが、ココでは省略します)

 

下に各エネルギー源の発電コストの比較グラフを掲載します。

 

 

太陽光発電 発電コスト

出典:エネルギー白書2010

 

 

太陽光発電は現状では、主要な発電方式と比べるとやはり、飛びぬけて高コストであると言えます。
だだし、2010年時点では、49円/KWhだった太陽光発電の発電コストも上の計算例でも分かるように、
2012年時点では、30円/KWh程度まで低下してきていると考えられます。
全量買取の価格が42円に決着したのが分かりますよね。

 

数年前は50円前後だった発電コストが、震災以降の意識変化と太陽光発電の普及が進むにつれ、
メーカーによる発電効率の向上や低コスト化により、既存電力の発電コストに近づいていることは確かです。
数年先にはさらにコストが下がり、家庭用電力料金の24円以下で発電出来ることもそう遠くないと思います。

 

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問