太陽光発電の比較【種類/メーカー/変換効率/温度特性】

太陽光発電の比較【種類/メーカー/変換効率/温度特性】

太陽光発電の比較【パネルの種類とメーカー】

 

現在太陽光パネルは、大きく分けて4つに分類することが出来ます。
使用する材料の違いによって、太陽電池パネルの特性が違います。

 

           単結晶シリコン型 多結晶シリコン型 薄膜シリコン型

化合物系(CIS系)

 

外観

 

単結晶 多結晶 薄膜シリコン 化合物

 

特徴

 

変換効率が高い 単結晶より安価

高温でも出力低下しない
影に強い

シリコンを使用しない
影に強い

 

変換効率

 

15%前後 13%前後 9%前後 10%前後

 

発電特性

 

標準的特性 標準的特性 紫外線領域が強い

高温、強日射で優位

発電領域が広い
実発電量が多い

 

温度特性

 

温度上昇に伴い

出力が下がる

温度上昇に伴い

出力が下がる

夏場の高温性能が良い 結晶型と薄膜型の中間

 

採用メーカー

 

シャープ
三洋(panasonic)
三菱電機東芝

シャープ
京セラ
三菱電機

カネカ

ソーラーフロンティア
ホンダソルテック

 

品種別出荷推移

 

どの種類の太陽光パネルが多く設置されているのでしょうか?
種類別の出荷発電量を見てみましょう。

 

出典:太陽光発電協会

 

グラフより、2010年度は単結晶が32%、多結晶が53%、薄膜シリコンとその他の合計が15%となっていて、
単結晶と多結晶が主流であることが分かります。2010年度では、少し多結晶の方が多くなっています。
しかし、2011年度の第二四半期の数値では、単結晶が多結晶を抜いてトップになっています。

 

単結晶が多結晶よりも出荷量が多くなのは、1990年以降初めての事で、このデータから
メーカーは、より発電効率が高い単結晶タイプに軸足を移していることが分かります。

 

設置する場所(屋根)の大きさが限られている場合は、パネルの発電効率が大切になってきます。
通常は発電効率が高くなるとパネルの値段も高くなります。

高いけど、発電効率の高い単結晶タイプは、設置場所が限られた都会の家向き。

安いけど、たくさん場所が必用な多結晶タイプは田舎の大きい家向き。 

このように、屋根の形状や周辺環境などから、一番最適なパネル選びをしていく必要が有ります。

 

ぶっちゃけ どこのメーカーがおすすめなの? → エコ丸勝手にランキング

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問