太陽光発電の日影(陰)による影響は無視できない

太陽光発電の日影(陰)による影響は無視できない

日影(陰)による影響は無視できない

 

せっかく太陽光発電を導入しても、発電量が想定より下回るのは嫌なものです。
そのため、太陽光発電を導入する際に、日影の影響も検討・考慮する必要があります。

 

影(陰)の影響の考え方

 

太陽光パネルに建物、電柱、木の枝などの影がかかると発電量が低下します。
発電量の低下する度合いは、単純に影の面積に比例しません。
(たとえばパネルの10%に影がかかった→出力10%低下ではない)

 

その理由は、屋根の上に設置された太陽光パネルは、複数の系統ごとに直列に接続されているため、
その中の一枚に影がかかると、陰の部分が電流の流れを妨げる抵抗のような働きをして、一部の影でも
その系列全体に影響を及ぼすからです。

 

この影による影響を低減するために、影の部分をバイパスするバイパスダイオードが取り付けられています。

 

 

影の面積が大きいと、場合によっては接続されている1系統が発電に寄与しなくなるケースがあります。
どうしても影が生じる場合は、電気的にバランスが取れるようなパネルの系列構成を考える事が重要です。
影の影響を少なくするパネル配置は具体的にはどうするの?

 

 

 

太陽光発電の原理と影による影響

 

発光ダイオード(LED)は電流を流すと発光します。太陽光発電はその逆であり、光を照射すると電流を発生します。電流の大きさは光の強度に比例します。太陽電池を等価回路で表すと、電流源とダイオードが並列接続されたような形に表すことが出来ます。そのため、光の当たってない太陽光モジュールは、ダイオードが直列に逆接続されたのと等価になり、抵抗として働きます。

 

CIS太陽電池は陰に強い

 

現在主流の結晶シリコン型と違う、シリコンを一切使用しないCIS太陽電池は、
曇り空やパネルの一部に影(陰)が出来ても発電するのが特徴です。→その仕組み

 

またCISの方が長い光の波長でも発電できるので、朝夕の光でも効率よく発電し
発電量がシリコン系に比べ下がらないことも報告されています。

 

CIS太陽電池の特徴

 

影(陰)の影響を受けにくい

シリコン系 ・・・一部の影でもその系列全体に影響を及ぼす。
 C I S  ・・・影になった部分だけ発電出力が減る。

シリコン系と比較して実発電量が多い。(同出力のパネルとの比較で)

色が真っ黒

ソーラーフロンティアとホンダソルティクで取り扱い

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問