太陽光発電の損益分岐点・費用対効果

太陽光発電の損益分岐点・費用対効果

太陽光発電の損益分岐点と費用対効果

 

どれぐらいで元が取れるのか?のページで、実際に何年かかるか計算してみましたが、
ここではもう少し掘り下げて、太陽光発電の損益分岐点と費用対効果について考えて見たいと思います。

 

計算条件

システムの設置費用

143.1万円

システムの年間予想発電量

4,000KWh

自家消費比率

40%  ( 買電単価24円/KWh )

売電比率

60%   ( 売価単価42円/KWh )

 

ここで

 

y : 設置価格 143.1万円
x : 回収年数
A: 定数  4,000KW/h × ( 24円/Kwh × 40% + 42円/Kwh × 60% )  

 

で表すと、下のグラフのようになり回収年数は

回収年(x) = 設置価格(y) / A で求めることが出来ます。

計算すると 回収年(x) = 10.3年となります。

 

 

もう少し踏み込んで考えると、回収年を小さくする(早く元を取る)には、 上記の式より
設置価格が同じとすれば、分母のAの数字を大きくすれば、早く回収できます。
Aの定数の式の中で、電気の単価は自分ではどうしようもないので、われわれに出来ることは、

システムの設置価格が同じなら、年間実発電量の多いパネルを選択する。

節電して売電の比率を上げる。

この2つが考えられます。

 

また費用対効果(投資利回り) は、回収年の逆数でこの計算例の場合 9.7% となります。

システムの価格が同じという条件で、年間発電量が5%多いパネルを選び、かつ節電して売電の比率を5%上げた場合、回収年は9.5年となり約1年短縮することが出来ます。また、原発停止により、電気料金が値上がりした場合はAの数字が大きくなり、回収年数が早くなることが分かります。

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問