太陽光発電の耐用年数・期待寿命について

太陽光発電の耐用年数・期待寿命について

太陽光発電の耐用年数・期待寿命

 

太陽光システムは太陽電池パネル、架台、電気機器などで構成されていて、
主たる構成機器の期待寿命は・・・

太陽電池パネル・・・期待寿命20年以上

パワーコンディショナ・・・期待寿命10年以上

となっています。
もちろんこれを過ぎればすぐにダメになるという物でもありません。

 

ただしメーカーによっては、パワーコンディショナーが屋外に設置するタイプの物がありますが、
屋外タイプは故障が多いです。出来れば屋内に設置するタイプの方がいいと思います。

 

 

長年機械の修理などに携わった私の経験から言えば、モーターやポンプなど
動的なもの(家電で言えば洗濯機等)は比較的よく故障しますが、

 

太陽光システムなど静的なもの(家電で言えばテレビ等)はあまり故障しません。
あくまでも一般的な見解ですが、上記の期待寿命は十分に持つと思われます。

 

さらに詳しく言えば、
製品の故障率の推移は、一般的に下の図の様になり、
曲線が浴槽にいている所からバスタブカーブと呼ばれています。
時間の経過により初期故障期、偶発故障期、摩耗故障期の3つに分けられます。

 

バスタブカーブ

 

初期故障期

製造・施工時の初期不良が主な原因で故障率は時間と共に減少します。
おかしな所は施工業者に文句を言いましょう。

 

偶発故障期

故障率は時間の経過に関係なく、ほぼ一定で安定して使用できる期間。
突発的・偶発的な故障しか起きません。

 

摩耗故障期

故障率は時間の経過とともに故障率が急激に増加し、寿命が尽きたとみなされます。

 

 

一般的に、使用部品が多くなるほど故障率は増え、温湿度等の環境条件により故障率は変わります。
太陽光発電システムの寿命については、何をもって寿命とするかの定義が未だ十分ではなく、およそ
・出力の低下
・絶縁性能の低下
・雨漏りなど建材としての機能が損なわれた
などが考えられます。

 

維持管理費はかかりますか?

 

結論から言えば、メンテナンスフリーで、定期的なパネルの掃除などは一切不要です。パネルについた汚れは風雨によって洗い流されるので、何もする必要は有りません。これは太陽光発電の大きな特徴のひとつでもあります。ただし、鳥のフンや落ち葉が大量に積もった場合は取り除く必要が有ります。

 

電力計について

 

計量法で「買電計は10年に一度交換しなければならない」と定められているため、期間がくれば電力会社が無償で交換していきますが、太陽光を設置するときに一緒に設置する売電計も10年に一度交換しなければなりません。費用は個人負担になります。価格は電力会社によって異なります。

 

 

安い業者はココで探せ!

 

太陽光発電は、取り付ける屋根の条件や、設置環境が一軒一軒違うために、絶対的な金額が決まっていません。
そうなると、単純に比較することが大事になってきます。比較をしないで1社だけで選んでしまったら、実はそこはものすごく
高かったというケースが起こり得ます。なので、一括見積もりで比較検討することは必須の作業と言えます。

 

実話です。一括見積りで太陽光発電の設置価格が100万円も安くなりました!
(安く太陽光発電を設置したい人は必見!実際に100万以上安くなった方法を公開します。)

  第1位   第2位


タイナビ
利用者100万人突破!!
月間利用者ダントツNO.1
顧客満足度が91.2%
当サイトでダントツ1番人気!
評価 


太陽光発電一括見積.com
サイトは地味だが、地域に
密着した優良施工会社のみ登録
@ユーザー満足度が非常に高い
A見積りサイトの草分け的存在
評価 

※現在問題になっている再生エネルギーの買い取り中断・保留は、
10KW以上の産業用のみで「住宅用」は何も問題なく今まで通り設置出来ます。

土地付き太陽光発電所はココで探せ!

タイナビ
利回り10%超えがザクザク!
会員登録すると未公開物件情報をメールでお届け!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 激安で設置する方法はココ 太陽光発電の本当のメリット 太陽光は元が取れるのか? よくある質問